コンテナ建築の特長

短工期 / 簡単施工

工場生産により現場工数を大幅に圧縮一般の在来工法を圧倒する短工期での建築を実現

デベロップでは、国の認定を受けたRグレード工場において、外壁・屋根などの施工を工場出荷前に完了します。これにより、建設現場では主にコンテナモジュールの組み立てのみとすることが可能となり、一般的な在来軸組工法とは比較にならない短工期を実現します。

最短2週間。コンテナ建築が短工期の理由

工場生産のコンテナモジュールで
現場作業を大幅短縮

デベロップのコンテナ建築において、現場での作業は主に「コンテナモジュール同士を組み立てるだけ」。在来軸組工法の場合、約3カ月かかるとされる棟上げも約1日で完了します。現場では、電気工事などコンテナ内部での作業のみのため、全体の工期は他の工法と比べて圧倒的に短くなります。

建築確認申請中も有効活用パラレル工法ならではの工期圧縮

従来工法では建築確認申請中は当然工事は行えませんが、デベロップのパラレル工法では必要なコンテナモジュールを建築確認申請中に工場で生産します。これにより、基礎工事完了後すぐにコンテナの据付工事に入ることができ、圧倒的な短工期での建築を実現します。

トータルコストの削減に寄与

従来の建築のように現場で骨組みから組み立てたり、溶接などの作業が不要のため、工期だけでなく工賃を圧縮することができます。販売機会の損失、不要な借地料といったロスを抑え、トータルでのコスト抑制にも大きく貢献します。

短工期 / 簡単施工の事例

28戸の1棟建ての躯体・外装が一日で完成

在来工法の場合およそ一週間かかる躯体・外壁工事を、44本のコンテナを積上げ連結することで一日で完成させ、基礎工事着工後45日間(休工日含む)の短工期で竣工しました。

40フィートサイズのコンテナモジュールを有効活用

40フィートモジュールと20フィートモジュールを3本ずつ組合わせた延床55坪のモデルです。断熱材と外装を施したユニットを設置後、設備と内外装工事を行うことで、短工期での完成を可能としました。