コンテナ建築の特長

フレキシブル性

変化するニーズにもフレキシブルに対応建築後の建物にプラスアルファの価値を付加

デベロップの建築用コンテナモジュールは、条件や用途に応じたカスタマイズも思いのまま。コンテナの構造特性を生かし、自由な建築を実現します。さらに移設や増改築、室内のレイアウト変更など、建築後の用途・ニーズ変更も容易なことも、他の建築にはない特長です。

“いま”の必要性へのマッチングを可能にする柔軟性は、ビジネスに新たな価値を与えます。

自由な設計を支える構造

一般的な在来工法に比べ、壁や筋交いが少ないラーメン構造のため、間仕切りなしの自由度の高いダイナミックな大空間が確保できます。また、耐力壁は必要なく、自由に開口部を作れるため、店舗としての基本性能に優れた先進的な設計・デザインを実現します。

移転・再利用を可能にするモビリティ

既存店舗の資源を無駄にすることなくリユースできるのも、コンテナ建築ならではのメリットです。コンテナの内外装、設備をそのままの状態で移設できるので、移転先でもすばやく営業を開始することができます。また解体費用が不要なため、建築コスト、廃棄物の削減にも効果的です。

ビジネスの状況にあわせて簡単に移動が可能

出店地域での業績が伴わない場合、一般的には店舗移転に多大なコストがかかります。複数のモジュールを組み合わせてつくるコンテナ建築であれば、資源をムダにすることなく、内外装、設備をそのままの状態で輸送できるので、解体費用だけでなく、再建築費用を低く抑えることが可能。開店までの営業ロスも縮小化できます。

また、フランチャイズ店舗やイベントブースとして採用されるケースも多く、事業計画をスピーディーに展開する手段としても効果的です。

拡張・用途変更もフレキシブルに

小規模店舗としてはじめることで初期投資を抑え、成長に合わせて店舗を拡大。客席を増設したり、新たな用途を加えることで複合店舗にしたりと、経営計画の変更に伴う店舗の拡張が必要になった場合でも、コンテナ建築であれば柔軟な対応が可能です。

コンテナモジュールを追加するだけで空間の拡張が簡単かつスピーディーに実現するので、他の建築のような、大規模な増改築工事を行う必要がありません。

店舗の用途変更も自由自在

店舗の用途を変更する場合でも、コンテナ建築であればスムーズに改修を行うことが可能です。構造を支える壁を必要としないラーメン構造を採用したコンテナ建築だからこそ実現する大空間を活かし、大胆な改修を行うことができます。

フレキシブルな施工事例

コンテナ建築+在来工法で自由自在な空間を創出

1階部分をコンテナ建築、2階部分を在来工法で組み上げ、フレキシブルなデザインを創出しました。2階には全面ガラス張りを採用するなど意匠性も高く、事務所や店舗としてお使いいただくことが可能です。