よくあるご質問

土地活用について


太陽光発電投資について

太陽光発電システムについて

パネルを設置するには、どのくらいの面積が必要ですか?
デベロップがおすすめする50kWプランの場合、約300坪で設置可能です。最低でも100坪以上の土地に設置されることをおすすめします。
どんな地域でも取り付けられますか??
デベロップが施工できる地域は関東、中国、九州(沖縄除く)です。パネルおよびパワーコンディショナは全国どこでも特別価格で販売可能です。お気軽にご相談ください。
使用開始までにどんな手続きが必要ですか?
経済産業省への申請、東京電力への申請が必要です。
最適な設置はどのような条件でどのような方法ですか?
日陰の落ちない、平らな土地が望ましいです。また、電柱が敷地の10M以内にあれば東京電力への設備負担金が安く済みます。
設置するのに届出が必要ですか?
土地の面積、地目などによって必要な届出、申請は必要な場合があります。たとえば、農地であれば農地転用が必要ですし、3,000m2を超える山林においては、林地開発が必要になる場合もあります。弊社は経済産業省、東京電力の申請、届出は代行していますが、それ以外の申請に関しては、基本的にはオーナー様にお願いしています。
届出などは自分で調べなければなりませんか?
基本的にはオーナー様にお願いしています。ただし、弊社の実績をもとに可能なアドバイスはさせていただいています。

設置工事について

太陽光発電システムの工事期間はどれくらいかかりますか?
50kWプランであれば、約2週間で設置工事は終わります。ただし、材料の製作期間などを考慮すると発注から施工完了まで約2カ月かかります。
激安の会社に頼んでも大丈夫ですか?
20年間使用する資産です。激安の太陽光は架台が単管だったり、海外のB級製品だったりします。そうなると災害時に保険が利用できなかったり、メーカー保証を受けれなかったりします。なぜ安いのかという理由をしっかり理解した上で注文することをおすすめします。弊社はオール日本製ですが、日本一の取引実績をもとにパネル、パワコンを格安で販売することが可能です。
施工業者選びのポイントはありますか?
業者によって一番差が出るのが架台の仕様、技術です。以前施工した現場を見るなどして、施工業者の質、技術を確かめましょう。最低、2業者の話は聞いたほうがよいです。
見積りを取るには何が必要ですか?
見積りを算出するには、公図、謄本、現地調査が必要です。

経済面について

固定買取制度とはどのような制度ですか?
発電した電力を固定価格で電気事業者が買い取る制度です。買取制度は、2011年8月26日に成立した、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づいて2012年7月1日から実施されています。太陽光発電の買取価格(2018年度)は、10kW以上では1kWあたり18円(+税)で、20年間の固定となります。
権利の譲渡はできますか?
経済産業省、東京電力のルール上は可能です。ただし、弊社が代行して取得した権利を他業者へ譲渡する場合は、それまでにかかった費用、労務費などをご請求させていただきます。
支払いの分割、ローンは組めますか?
提携ローンを3社ご用意しています。審査の結果、ご利用いただけない場合もあります。
保証や保険制度はありますか?(パネル、パワコンの保証、損害補償など)
モジュールは20年の出力保証付です。またパワーコンディショナはメーカーごとに異なりますが、有償で20年保証を付与できる商品もありますのでご相談ください。災害については、任意保険により津波と地震以外の災害をカバー可能です。
どの程度の期間で元が取れますか?
物件の容量にもよりますが、概ね7年から10年です。
売電が課税対象になるというのは本当ですか?
条件により太陽光発電による売電収入も課税対象になる場合があります。会社員などの給与所得者が年末調整で、売電を含めた雑所得の年間の合計額が20万円以下であれば、税務署に確定申告する必要はありません(売電以外にも雑所得がある場合は、それらも合算する必要があります)。この場合は実質的に課税が免除されるといえます。ただし「雑所得の年間合計20万円以下は申告免除」が適用されるのは、年末調整によって所得税額の確定と納税が完了する給与所得者の場合だけとなります。

保守・管理・メンテナンスについて

メンテナンス・清掃は必要ですか?
実施することをおすすめします。太陽光は家電製品と同様に故障がゼロとは限りません。弊社でも毎月800現場を点検しますが、何台かパワコンの停止やパネルのひび割れが見られます。また雑草が伸びすぎてパネルに日陰を落としている光景もよく目にします。月に最低1回は現地をみて確認したほうがよいです。
下草の除去などは必要ないのでしょうか?
雑草がパネルより伸びると発電量に影響します。また雑草が伸びてから刈り込みを行うと費用も高額になります。最低月に1度は現地で雑草の伸び具合を確認したほうがよいです。なお、弊社の巡回をお申し込みいただければ、年4回除草剤の散布を行います。
どのような管理サービスをしてもらえますか?
弊社の巡回・管理では、パネル、パワコンなどの機器類の点検、架台、基礎などの確認、外構の確認、雑草の確認を行います。点検結果については毎月、写真付きでご報告します。

お問い合わせ

こちらで解決できない時にはお気軽にお問い合わせください。

土地活用ビジネスに関するお問い合わせ
047-320-0119
営業時間:9:00〜18:00 月曜〜土曜
オンラインお問い合わせ
コンテナ建築に関するお問い合わせ
047-320-0119
営業時間:9:00〜18:00 月曜〜土曜
オンラインお問い合わせ
施設管理に関するお問い合わせ
047-320-0119
営業時間:9:00〜18:00 月曜〜土曜
オンラインお問い合わせ
デベロップに関するお問い合わせ
047-320-0119
営業時間:9:00〜18:00 月曜〜土曜
オンラインお問い合わせ