土地活用ビジネス

R9 Village

⺠泊新法にいち早く対応、
地域の発展と住⺠の安⼼を重視したサテライト⺠泊

異なる場所にある複数の住居物件を客室とし、1カ所のフロントで管理・運営する形態の民泊を「サテライト民泊」といいます。従来は旅館業法に基づく簡易宿所の事業許可を得る必要がありましたが、住宅宿泊事業法施行により、各々の物件を同法に基づき届け出ることで柔軟に展開可能となりました。

独自の建築ノウハウを持ち、中小規模ホテルのスピーディな開発を強みとするデベロップは、従来型ホテル開発と民泊開発を融合した独自のサテライト民泊事業モデルの開発に取り組みます。

その第1弾となる「R9 Village」は、栃木県佐野市のロードサイド型ビジネスホテル「HOTEL R9 SANOFUJIOKA」の近隣エリアで展開するサテライト民泊事業。近隣の住居物件を活用し、ホテルと一体での集客・運営を行います。

簡易キッチンや洗濯機など、長期滞在可能な設備を備えた本格的な宿泊施設がリーズナブルな価格で利用可能です。