コンテナ建築の特長

持続可能性 / 環境配慮

移設・再利用が可能な未来型建築工法

デベロップのコンテナ建築では耐久性の高いコンテナモジュールを使用するため、建築物を移設する際にも、完全に解体することなくリユースすることができます。また、撤廃の際にもコンテナモジュール自体を再利用できるため、環境への負荷を大幅に軽減することができます。従来工法にはない視点から持続可能な社会の実現に貢献できる、時代の要請に応えた未来型建築工法です。

移設できる

強い構造体でできた頑丈なコンテナモジュールは耐久性に優れているため、移築先でそのまま再利用することが可能です。店舗の移転も、コンテナを解体することなく、内装そのままにコンテナごと移設することでリーズナブルに実現します。環境保守と経済性の両立により、サステナブルな事業展開を可能にします。

再利用できる

構造の柔軟性もコンテナモジュールの特長です。例えば店舗の用途を変更した場合でも、大規模な改築が容易なため、引き続き既存コンテナモジュールを使用することができます。不要になった場合でも、コンテナモジュールはリサイクルが可能です。産業廃棄物にはならないので環境にやさしく、処分費用も圧縮できます。

廃棄物を低減できる

工場生産化率が高く建築現場での作業が少ないため、現場での廃棄物発生を抑制できます。撤廃時も、移設やコンテナモジュール自体を再利用できるので、他の建築工法と比べ廃棄物を劇的に少なくすることが可能です。

持続可能性・エコな施工事例

「建築」・「解体」・「移設」の繰返しが可能なコンテナホテル

施設の需要に合わせ、躯体のみでなく内外装の再利用率を高める仕様設計を行い、「建築」・「解体」・「移設」の繰返し可能を可能とした宿泊施設です。モジュール単位で機能をユニット化し、ユニット単位での移設も可能にしました。